婦人

苦手意識をなくすためにも塾で学ぶ|英語などの必須科目も克服しよう

教師と学生

通信制が増える背景

東京では、通信制高校の数が増加しています。その背景には、サポート校の通信制への格上げが見て取れます。東京の通信制高校の大多数が、サポート校を必要としないシステムに切り替えています。それにより、残されたサポート校は学校法人の資格を得て、正式な通信制高校に生まれ変わっているのです。

勉強

中高一貫教育の学校

名大附は、近隣の学習塾でも専門の対策講座を設けるほど人気の高い学校です。中高一貫教育という特徴があり、落ち着いて勉強に励める環境となっています。また進学実績も高く、6年間を通じてレベルの高い教育が受けられるというところも好評です。

女子生徒

短くても濃い時間

短大は二年間で全てのことを学びながら、就職活動も行っていくことができます。時間を有効に活用することができるシステムになっているため、短大を選ぶ人も多くなっています。もちろん就職に有利な資格も取得できます。

苦手科目を克服する方法

先生と生徒

高校受験や大学受験で志望校に受かるには、苦手科目を重点的に学習して、出題範囲を網羅することが重要です。国際教育を強く意識する高校や大学も増えているために、英語力のアップが入学試験でも有利に働くでしょう。しかし英語に対して苦手意識を持っている人の場合には、まず最初に基礎学力を充実させたうえで、応用力を高めるのが一番のテーマです。マンツーマン指導にも対応している学習塾に通うことで、入試を視野に入れて、受験に必要な内容を体系的に学べるでしょう。また中学生が学習塾で指導を受ける時には、定期テストの成績アップと並行して、第一志望校の出題傾向に合わせて勉強するのが理想的です。特に公立中学に通う生徒が高く評価しているのは、英語の教科書内容も丁寧に指導してもらえる、基本を重視したカリキュラムです。現在完了や関係代名詞のように、中学校の英語の授業で学ぶ必要のある文法事項を反復練習できるのが、評判になっている学習塾の特徴です。しかし一般入試でトップレベルの大学を受ける場合には、長文読解やリスニングにも対応した、高度な内容を学ぶことが大きな課題です。個別指導に加えて、ベテラン講師の映像教材も利用できる学習塾に通うことで、受験のノウハウも効率的に身に着けられるでしょう。国公立大学を受験する時には、記述式や論述式の入試問題を解く必要があるので、答案作成能力を高めるための特訓も受けるべきです。経験豊富な講師による添削指導を受けるのが、合格に必要な英作文や和訳のスキルを短期間で高める最善の方法です。